2016年09月10日

チアフルミクはいいぞ

摩耶さんに続く過去作弄り。
今回はチアフルミクさんを劇的ビフォーアフターしました。

cheer2016.jpg

cheer2016_2.jpg

cheer2016_3.jpg


顔の造形は以前のものよりもオリジナルのテイストを強めにしました。
原作に似せようとして失敗した感じもあったので。。。

あと、身体の造形のバランスが悪かったのでそれも修正しています。
この修正だけで8時間ほど溶けましたぜ。
どんだけバランス悪かったんだって話ですね。
いやホントにすごく悪かった。。
たぶん、原作フィギュアのポーズを作ることしか考えてなかったんだと思う(言い訳
まあ、8時間の甲斐あってかなり改善できたから良かった。

できれば後ろ髪の修正も修正したいところでしたが、とりあえずこれで一旦置いてエンジン制作に戻ります。
3日ほど作業してないので、さすがにヤバい。
いろいろ忘れそう。
posted by gency at 01:05| Comment(0) | モデリング

2016年08月25日

摩耶さんをお迎えする準備

自作エンジンに、拙作の摩耶モデルをお迎えするため、あれやこれやしてました。
今回は難しい話は無しにして、昨日1日かけてリファインした摩耶さんを紹介します。

maya_engine1.jpg

maya_engine2.jpg

いつ以来かも分かりませんけど、まあ懐かしいです。
ファイルを開いてみたとき、やたらデータがごちゃごちゃしててビビりました。
マテリアルとテクスチャの関連付けは無駄に複雑で、中にはリンク切れてるの放置してるのもありました。
また、AppendやLinkを繰り返した後の残骸と思われるゴミデータが山のようにありました(10や20ではない)
何かもう廃墟の様でしたね。
うう・・すまぬ、すまぬ。
というわけでまずはその辺りの整理をしました。

造形の修正もちょっとだけしました。
後髪(後頭部)に空間があったのでそこを埋めたり、肩、腋、大腿部を今風に修正をしたり、目頭付近にまつ毛を追加したり。
あと、リップのテクスチャをふっくらとした唇に見えるようハイライトを書き足したりしています。
これ最近のマイブームですね。
あと、鼻の穴を描くのもマイブームですけど、さすがに自重しました。

摩耶モデルのスペックは、SSの上の方にもある通り、頂点数5万、三角ポリ数11万です。
リグも一応組んでいます。
アニメーションまでは作ってないですけど、今回はそういう目的じゃないので不要です。
マテリアルとテクスチャの構成が複雑なモデルを、簡単に読み込めるようにするのが今回の目的なのです。

現在のエンジンの仕様では、テクスチャのパスは手動で通す必要があったり、マテリアルはエンジン側で再構築したりしてます。
なので、マテリアルが10コとかあるようなモデルを読み込むのが凄く手間なんですね。
この手間を可能な限り自動化したいわけです。
少なくともマテリアルとテクスチャの関連付けくらいは自動化したいです。
まあ、それは裏でこっそり作業しておきます。
今回はリファインした摩耶さんを紹介したかっただけ。

以上です!さようなり!
posted by gency at 17:08| Comment(0) | モデリング

2016年05月28日

URA

OpenGLで開発中のゲームエンジン(っぽいもの)のテストで使用するモデルを作りました。

ura1.jpg

名前は「ウラ」と言います。
今後は彼女も仲間に加えてゲームエンジン(っぽいもの)を開発していくことになります。
よろしくです。

というわけで、さっそく動かしてみるテスト。



んごいた(*´▽`*)

続きを読む
posted by gency at 19:07| Comment(0) | モデリング