2018年04月12日

独自フォーマットでスキニングアニメーション

何ヶ月ぶりかなんて最早覚えてないけど、独自フォーマット開発を再開しました。
今回はアニメーションの仕上げをしましたよ。

test21.gif

LBS、デュアルクォータニオン・スキニング(DLS)ともに無事動きました。アニメーションクリップの読み込みも問題ないようです。なんか普通にモデルフォーマットぽくて感動。

アニメーションデータとスキニングは半年前にメッシュの描画ができたときには実装済みだったので、再開後はボーンの可視化を実装してノードの親子関係が壊れているところを直しただけでボーンアニメーションは動きました。
ボーンが動いてしまえば後はバインドポーズ行列を掛けるだけでした。
放置期間も長かったとはいえ、ここまでに1年もかかるとは思わなかった。。
独自フォーマットの前身となったglTFエクスポータを作り始めたのが去年の2月頃だったので、それも含めると1年2ヶ月ほどになります。なげぇよ。

これでもまだフォーマットが完成したわけではなくて、シェイプキーやスキニング以外のアニメーションなどが残っています。
一応シーンフォーマットなので、カメラ・ライトといったノードの書き出しもあります。
無駄にPythonスキルが上がることでしょう。

posted by gency at 02:59| Comment(0) | 3DProgramming